今日は日曜日で、教室は休みでしたが、いま、「3D CAD」を学習されている生徒さんのオリジナル作品の出力に、先日、教室に導入した3Dプリンターは、週末返上で24時間稼働していますw

理由はというと、ちょうどいま、「オリジナル写真立て」を作っているんですが、L版の写真に合わせて作成したこの作品が、出力するのに、15時間ぐらい掛かるんです!!( @@)

一応、出力速度は、3段階あって、品質との兼ね合いで、時間短縮>品質 の構図が出来ていて、品質を落としても、それほど出力時間も変わらないようなので、せっかく作るんだから、綺麗に仕上げましょ、ということで、品質重視でやってるからです。

実は前回、教室で試作を作ってみたんですが、そのときは横にして出力ました。完成品がこれ

写真立て 試作1号

反ってます(^^;;)

あと、良く見ると、バリ取り(サポート材、補強材ですね、それが作品にくっついてきますので、それを取り除く必要あり)も工作用研磨機が無かったので、やっすいヤスリで削りまくったもんだからw、まぁ、見るも無残な結果になったんですの(;´Д`)

ちなみにこの素材、PLAという素材ですが、ABSという、3Dプリンターのもうひとつの素材よりは「反らない」ことがメリットなのに、ここまで反ってくれると、これはこれで、違う趣きが、ってオイオイ、NGでしょうw

 

ということで、今回は、リベンジも兼ねていまして、今回は、写真立てを「縦」にして、出力させました。

結果は、以下のとおり(”ω”)ノ

写真立て 作品2

あ、いえ、これは、まだサポート材をくっつけたままにしています。

 

このサポート材のはがし方も、授業の一環でして、今回、工作用研磨機を購入したので、それを使って綺麗に仕上げようというわけです。

ここから、どれぐらい綺麗に仕上がりますか、追って報告しますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で